• 噴射
  • 水のイメージ

postheadericon 決定

スプリンクラー

このスプリンクラー設備は学校や病院に工場や役所、百科ってんに飲食店には絶対に設置するように決まりがあります。
この決まりを消防法と言い、これによって利用者だったりそこで働く人の安全が守られるようになっています。
もし火事になってしまえば、そこで働いている人は勿論の事近隣の住民にも影響が出てしまいます。周辺へ燃え広がればとても消し止められない状態になる事だってあります。
そのような最悪の状態にならないように、そして被害を拡大させないようにする為にこの法律があるのです。… Read more

postheadericon 失敗

水の流れ

スプリンクラー設備を軽んじていた事から発生した大きな事故があります。その代表格とも言えるのに千日前デパートの火災事故があります。
これは昭和47年に起こった物で最大の火災事故とも言われている問題です、なんと死者数は118人となっており、逃げ場の無さやスプリンクラー設備が無かった事が大きな問題になりました。
これは昭和に起こった最大級の事故としても有名な話なのです。
実は、この事故が起こったとkいは1972年ですから、既に消防法によってスプリンクラー設備の設置義務があった時代なのです。
1961年に設置義務が定められてはいたものの、強制力は無いままに様々な建物が建設されていました。
実際にこの千日前のデパートにも当然設置義務は存在していましたが、なんと出火原因となった場所にはスプリンクラー設備が一切ありませんでした。… Read more

postheadericon 危険

水模様

普通に生活していてもいつハプニングがおこるかわかりません。
室内にいる時に最も恐ろしいのは火事です。水もある場所にはありますが、大きく燃え上がってしまえばそこに放水車のように水を届ける設備なんてそうそうどんなビルにもありません。
消化出来れば一番良いですが、そうならなかったとしても火の拡大や燃え移りを少しでも防げれば、逃げるだけの時間が稼げれば問題はありません。
そこで活躍しているのがスプリンクラー設備です、これは消防用設備と言われている物の1つで、火災センサー等と連動して装着されています。
火災が起こった事を認識すると、豊水によって散水して消化、もしくは火災を広がる速度を遅くしてくれます。
しっかりと検査をしてつけていれば問題なく作動してくれます、何か特別な場所であればスプリンクラー設備が設置されていない事もありますが、法律上義務付けられている安全対策です。… Read more

オススメリンク
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー